女の人

ハウスクリーニングで脱臭できる|専門家に依頼しよう

命の終わりの後片付け

婦人

孤独死は事後の処置が大変

数ある不動産投資の中でも、アパートやマンションなどの賃貸経営は、その安定性の高さから人気があります。ただ、当然のことながらリスクも存在します。具体的には火災や住人トラブルなどが挙げられますが、さらに最近では住人の死亡のその1つに数えられるようになってきています。誰の身にも訪れる命の終わりをリスクと呼ぶのは奇妙に思われるかも知れませんが、問題となるのは孤独死などのケースです。変死と認められた場合は警察への対応が必要になりますし、後片付けも大変です。中でも自殺の場合や発見が遅れた場合などは室内の荒れようがひどく、通常の清掃業者では対応してもらえないことがあります。こうした事態を防ぐには、日ごろから住人の動向にしっかり注意しておく必要があります。ただ、それでも避けられなかったときは、エキスパートに後片付けを依頼することになります。特殊清掃業者と呼ばれる人たちがそれに当たります。

荒れた現場を元通りに

特殊清掃とは、事件・事故・自殺などがあった現場を清掃し、原状回復を行うことをいいます。警察から委託を受けて業務を行なったりする一方、一般からの依頼にも応えています。冒頭に掲げたような賃貸経営者の間で高い人気を得ています。自殺があった場所などには大量の血痕が残されていたり、体液がしみを作っていたりします。また、臭気が室内に充満して容易に掃除ができないといった事態も起こり得ます。特殊清掃業者は、こうした現場を専門技術によって元通りの状態に戻します。また、特殊清掃業者の中には遺体の処置そのものを行う業者もいます。外見の修復や腐敗防止、納棺や火葬場への搬送などを、遺族の依頼を受けて代行することがあります。